介護事務管理士®
技能認定試験
会場
試験
奇数月第4土曜日実施
資料請求はこちら

介護事務管理士®のお仕事

介護サービスを提供するさまざまな事業所で介護に要する費用の請求をしたり、ケアプランを立てる居宅介護支援事業所のケアマネジャーの業務をサポートしたりするのが介護事務管理士のお仕事です。

利用者様に対する接遇力はもちろん、ケアプランの内容をきちんと理解し、正確に介護報酬を計算する知識とスキルが大切です。​​

  • ヘルパーステーション​

    在宅での介護を必要とする利用者のお宅を訪問して介護を行うホームヘルパーの拠点です。居宅サービスの中心的役割を担う事業所で、全国の津々浦々にあります。​

  • 訪問看護ステーション​

    在宅での介護を必要とする利用者のお宅を訪問して看護を行う看護職員等の拠点です。​

  • デイサービスセンター​

    利用者が送り迎えをうけ、日中、施設内で機能訓練やレクリエーションをして過ごします。​​

  • ショートステイ​

    利用者が数日間宿泊するための施設です。​​​

  • グループホーム​​

    認知症の利用者が共同生活をするための施設です。​

  • 特別養護老人ホーム、老人保健施設、病院の療養病床等​​

    利用者が入所あるいは入院して、施設サービスを受けるための施設です。​

介護事務の知識を持った人は、こんな職場でも活躍しています。​​

  • クリニック

    訪問診療や訪問介護の保険請求​

  • 居宅介護支援事業所

    ケアプランの入力業務​

  • 国保連合会

    サービス事業所のレセプト審査や保険証の有効期間の確認​​

  • 保険請求審査機関

    ​サービス事業所から請求されたレセプト内容の審査​

  • 介護コンピュータの
    システム会社

    介護コンピュータのシステム構築・マスター作成・メンテナンス​​

  • 損害保険会社

    ​保険請求内容の審査​

あなたも介護・福祉の現場を支える
介護事務管理士®として
活躍してみませんか?​

会場試験のお申し込み 資料請求

※会場試験のコンビニ端末からのお申し込み申込書でのお申し込みはそれぞれ対象ページをごらんください。

介護事務管理士®の魅力

  • 全国どこでも働くことができる
    (引越しをしても仕事ができる)
  • 将来性が高い
    (人口の高齢化に伴い、活躍の場が増えている)​
  • 希望にあった勤務スタイルが選べる
    (事務だけのお仕事や介護実務を兼ねたお仕事)
  • 就職・転職・再就職にも有利
    (介護サービスはなくならない)
  • 人の役に立つ充実感
    (利用者さま、職員さまに必要とされる職務)
  • 利用者さまから感謝されたときの充実感
  • 老いの不安な気持ちを抱える
    利用者さまの気持ちを和らげる

全国のサービス事業所で必要とされる人材で、業務内容も幅広く、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。勤務時間も常勤のほかに午前のみや週2日勤務などシフト制を導入している事業所も多くあり、また月初めだけの雇用形態を採用している事業所もあります。
サービス提供票の内容から介護報酬を計算するスキルは専門性が高く、介護事務管理士の有資格者は、福祉機関で高く評価され、就職の際に、大きなPRポイントとなります。​​

合格者の声

  • 介護事務管理士 合格
    深井 郷子さん

    感謝の言葉に、やりがいを感じています。

    介護老人保険施設で事務員をしていたので、以前から介護報酬や居宅サービスに興味を持っていました。通信教育で介護事務を基礎から勉強し、「介護事務管理士」の資格を取得しました。資格取得を機に、居宅介護支援事務所へ転職しましたが、転職の際、認定合格証はスキルの証明となり、勉強は大変だったけど...

    続きを見る
  • 介護事務管理士 合格
    山内 淳子さん

    介護の現場にて、利用者様との関わりに
    嬉しさとやりがいを感じます。

    長い間、医療事務の仕事をしていましたが、以前にケアマネージャーの手伝いをしていたことから、介護請求もやってみたいと思い、資格を取ろうと思いました。介護事務はヘルパーさんやケアマネージャーさんとのやり取りを通して、リアルタイムで利用者様の状態が分かり...

    続きを見る
合格者の声一覧へ

あなたも介護・福祉の現場を支える
介護事務管理士®として
活躍してみませんか?​

会場試験のお申し込み 資料請求

※会場試験のコンビニ端末からのお申し込み申込書でのお申し込みはそれぞれ対象ページをごらんください。

介護事務管理士®技能認定試験とは

サービス事業所の受付けや会計、レセプト業務などを担当する事務スタッフのスキルを証明するのが「介護事務管理士」の資格です。​
介護事務管理士技能認定試験は、2000年、日本初の介護事務者の資格試験としてスタートしました。全国の福祉業界で認知され、有資格者は、全国で活躍しています。​

どんな問題が出るの?

学科・・・マークシート形式10問​
1.法規(介護保険制度、介護報酬の請求についての知識)​
2.介護請求事務(介護給付単位数の算定、介護報酬明細書の作成、介護用語についての知識)​
実技・・・3問​
1.レセプト点検問題(1問)​
2.レセプト作成3枚(居宅サービス・施設サービス)​​

試験問題サンプル

試験の合格率ってどのくらい?

50%位です。

みんな試験対策はどうしてるの?

合格の秘訣は、たくさんのレセプトを書くことです。
​​サービス提供票の読み取りやレセプト作成上のポイントやコツが身につきます。JSMAと業務提携している株式会社ソラストでは、介護事務講座や試験問題集の販売を実施しています。​

講座のご案内試験問題集のお求めはこちら

受験資格は必要?

受験資格は特に設けていません。
​年齢制限もありませんので、どなたでも受験できます。​

名実ともに認知された
JSMAの資格
介護事務管理士®

会場試験のお申し込み 資料請求

※会場試験のコンビニ端末からのお申し込み申込書でのお申し込みはそれぞれ対象ページをごらんください。

会場試験とは

紙ベースで行う筆記試験になります。学科はマークシート択一式。実技は介護給付費明細書の点検と作成を行います。
年6回全国の指定会場で行い、試験結果は受験日から1ヶ月以内に文書で通知されます。

2018年9月22日(土) 2018年11月24日(土)​
2019年1月26日(土) 2019年3月23日(土)
2019年5月25日(土) 2019年7月27日(土)
 受付開始説明開始試験時間
学科・実技15:15〜15:30〜15:45〜17:45

※沖縄会場のみ試験時間が異なります。

札幌・仙台・福島・盛岡・東京・横浜・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・新潟・長野・名古屋・三重・静岡・浜松・金沢・大阪・奈良・神戸・京都・ 福知山・岡山・広島・松山・高知・福岡・宮崎・熊本・沖縄

盛岡、高知、福知山は3月、7月、11月のみ実施、 沖縄は3月、9月のみ実施

試験会場一覧

6,500円(税込)​

お申し込み方法は、インターネットからのお申し込み、コンビニ端末を利用してのお申し込み、申請書類を送付しての申し込みの3種類がございます。
それぞれ支払い方法、支払い期日がことなりますのでご注意ください。

インターネットでのお申し込み​

  • STEP1

    試験申込フォームに必要事項を入力・送信します。

  • STEP2

    受験料をお支払いください。

  • STEP3

    ご入金の確認をもって受験申込み完了となります。

  • STEP4

    試験日の1週間前ごろ当協会より受験票を発送します。

コンビニ端末よりお申し込み

  • STEP1

    下記コンビニエンスストアの情報端末で必要事項を入力。
    ・セブンイレブン・ミニストップ
    ・ローソン・ファミリーマート
    ・サークルKサンクス

  • STEP2

    レジにて受験料をお支払いください。

  • STEP3

    ご入金の確認をもって受験申込み完了となります。

  • STEP4

    試験日の1週間前ごろ当協会より受験票を発送します。

申込書送付でのお申し込み

  • STEP1

    受験要領および申請書をダウンロードします。申請書に必要事項ご記入の上署名捺印します。

  • STEP2

    受験料をお振り込み後、お振り込み控えのコピーを申請書裏面にのり付けし、申請書を受験日の前月末日必着でお申し込みください。

  • STEP3

    技能認定試験申請書の受付け・ご入金の確認をもって受験申込み完了となります。

  • STEP4

    試験日の1週間前ごろ当協会より受験票を発送します。

試験概要・お申し込み

会場試験
受験資格 受験資格は問いません。
受験種目・科目 介護事務/実技試験・学科試験(両科の受験)
試験日 奇数月の第4土曜日(年6回実施)
試験時間 実技・学科併せて2時間
試験内容 (1) 実技試験/介護給付費明細書・・・点検1枚・作成3枚
(2) 学科試験/マークシート(択一式)・・・10問

※(1)(2)とも資料などを参考にして答案作成が認められています。 計算機を除く電子手帳などの電子機器の使用はできません。
※試験は現在使用されている介護給付費単位数表に基づいて実施します。
※筆記用具は
学科...HB以上の黒鉛筆(シャープペンシル可)/実技...黒のボールペンを使用します。(消せるボールペンは不可)
試験会場 JSMA指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等。
出題範囲 (1) 実技試験/ 介護給付費明細書を作成するために必要な知識。(居宅サービス、施設サービス)
(2) 学科試験/ 法規(介護保険制度、介護報酬の請求についての知識) 介護請求事務(介護給付費単位数の算定、介護給付費明細書の作成、介護用語についての知識)
合格基準 (1) 実技試験/点検・各作成問題ごとに50%以上の得点をし、且つ、3問の合計で70%以上
(2) 学科試験/70点以上

※実技・学科ともに合格基準に達した場合に合格と判定します。

実技試験:得点は問題ごとに持点を定め、正解の得点合計により判定します。ただし、全問題の得点合計が合格基準に達していても、いずれか1問の得点が50%未満の場合は不合格となります。 
学科試験:得点は100点とし、正解の得点合計により判定します。
結果の通知 合否の結果は試験実施後1ヵ月以内に文書にて通知します。合格者には「介護事務管理士®」の称号が付与され、認定合格証が交付されます。
※得点の公表、答案の返却、内容のお問合せには一切応じられません。
受験料 6,500円(税込)
※一旦納入された受験料は、理由のいかんを問わず返金できませんのでご注意ください。
※お申込み後のキャンセル及び受験月の変更には応じられませんのでご注意ください。

あなたも介護・福祉の現場を支える
介護事務管理士®として
活躍してみませんか?​

会場試験のお申し込み 資料請求

※会場試験のコンビニ端末からのお申し込み申込書でのお申し込みはそれぞれ対象ページをごらんください。